一般電気設備工事、照明器具取替工事、配線器具取替工事、スイッチ取替、コンセント取替、弱電設備工事(インターホン)、筑後地方のエリア情報

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

コンセントやスイッチの工事・修理
コンセント・スイッチなどは、使用頻度が多いと接触不良を起こし発熱する場合いがあります。定期的(約10年)に取替をされることをお勧めします。

電気容量変更工事
電気ストーブを使うとブレーカが下がる・エアコンを使うとブレーカが下がる・洗濯機や乾燥機使うとブレーカが下がる、このような時は容量が不足してます。

レンジやIHヒターの専用コンセント増設工事
エアコンを買換えやリフォームされる時は、専用回路コンセントの増設や配線工事をされるのをお勧めします。

ブレーカ交換・電圧切換工事
エアコンや・高用量の家電品を購入されたとき通常は100Vとですが、容量が大きくなれば200Vの場いいがあります。そのような時は分電盤の子ブレーカを取替電圧の変更が必要になります。

絶縁不良改修工事
最近は、ELB(漏電ブレーカ)が取り付けられているご家庭もおおくなり、火災や感電事故は少なくなりましたが、電線や機器が絶縁が悪くなれば突然停電しあわてることがあります。

ENTER
ENTER

広告