一般電気設備工事、照明器具取替工事、配線器具取替工事、スイッチ取替、コンセント取替、弱電設備工事(インターホン)、筑後地方のエリア情報

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

電気で生じるトラブル

anzenbureka.jpgbundenban.jpg

家庭の電気で最も多いトラブルは、一度に電気を使いすぎて、リミッターや安全ブレーカが切れることです。ブレーカにアンペア数が表示されていて、それ以上の電流が流れると

自動的にきれて停電します。特に消費電力の大きいエアコン、電気ストーブ、炊飯器、電気ポットなどを同時に使うと多くの電流が流れるので、電気器具に表示されているワット

数確認して、規定を超えないようにしようしてください。しばしばリミッターが動作するような場合は、契約アンペア数を大きくする必要があります。電気器具をあまり多く使用して

いないのに、リミッターや安全ブレーカが切れる場合には、電気器具や配線などの不具合で、ショートしているおそれがあります。この場合は危険な状態ですので、電気工事店

に相談してください。1個のコントにたくさんの器具をつないで「たこ足配線」すると、コンセントやコードが異常に熱くなることがあります。また、コンセントや電気器具の配線接続

部の緩みやプラグの差しみ不足が原因で加熱する場合もありますので注意してください。漏電ブレーカが切れて家中が停電した場合には、電気器具や配線などの性能が悪く

なって、電気が大地へ流れる「漏電」が発生しています。この場合も危険な状態になっているので、電気工事店に相談し修理してください。

停電時の処置のしかた

rimitta.jpg

部屋の照明が突然消えた。停電かもしれない。このようなときは、まず他の電気器具に電気が来ているか調べます。電気が来ていれば、照明器具の不具合の可能性大です。

他にも電気が来ていない器具があったり、家中が停電している場合は、分電盤を調べてます。家中が停電しブレーカがすべて「入」の状態であれば、電力会社のトラブルが

原因で、近所の家々も停電になっているはずです。このような場合いは、一般に停電してから数分で電気が送られてきますので、しばらく待っててください。家中が停電し、リミ

ッターが「切」の状態であれば、契約電流を超えた電気を使った可能性が最も大です。使用電力の大きい器具を切ってから、リミッターを「入」にしてくださ。使用器具を減らしたに

もかかわらず、リミッターが「入」にならない場合はショートしている可能性がありますので、電気工事店に相談してください。家中が停電し漏電ブレーカが「切」のときは漏電して

います。安全ブレーカを全部「切」にし、漏電ブレーカを「入」にし、安全ブレーカを一つずつ「入」にしてください。それでも漏電ブレーカが入らない場合には、電気工事店にご相

談してください。部分的に停電し、安全ブレーカの一つが「切」のときは、その回路の使用電流が大きいこたが原因です。

電気の正しい使い方(コンセント類は指定電流以下で使う)


一つのコンセントにたくさんの電気器具をつないで、「たこ足配線」の状態にするのはやめましょう。過熱しショートや漏電に発展する危険があります。OA機器のような数アンペ

アの器具をたくさんつなぐときは、テーブルタップが便利です。テーブルタップには「15A/100V」のように、流すことの電流と使用する電圧が表示されているので、テーブルタップ

につなぐ機器の電流の合計が指定された電流値(この例では15A)以下で使ってください。電流値が表示されていないで、ワット数が記入されている100V機器では、ワット数

を100Vで割ると電流値が求められます。たとえば、20Wの卓上蛍光灯スタンドは、20/100=0,2Aの電流が流れます。コンセントのプラグの差し込みは、プラグの刃が見

えないよう奥まで確実に挿入してください。刃が見える状態では、接触が不十分で過熱するおそれや刃に触れて感電するおそれがあります。プラグをコンセントに長い間つない

だままにしておくと、プラグとコンセントの間に埃が溜まり、それが原因で火災になる危険がありますので、ときどき掃除をしてください。電気器具の修理、掃除などを行うときは、、

必ず電源スイッチを切り、プラグをコンセントから抜いて行ってください。

電気器具のアースはなぜ必要か

asu.jpg
接地(アース)とは、電気器具など大地と電気的に接続することをいいます。また、大地に埋め込まれた銅棒や銅板などを接地電極とい、接地線を使ってコンセントのアース端子

とつなげてあります。電気器具のケースをアースすると、器具の絶縁が悪くなって漏電しても、ケースから大地に電気が流れます。すると分電盤の漏電ブレーカが瞬時に働いて

電気を切ってくれるので、火災や感電を防止するこたができます。またアースの電圧は0Vと考えてよいので、漏電ブレーカ働かないような微量の漏電があっても、ケースの電圧

が上がらず安全です。このようにアースは安全面で非常に重要な役割を担っていますしたがって、漏電する可能性が高い、水を使う洗濯機や湿気の多い場所の電気製品には

必ずアースをしてください。

電気料金の仕組み

ryoukin1.jpgryoukinhyou.jpgdenryokukaisya.png
電気料金については、電力会社との契約の種別によっていろいろなメニューがあります。電力各社の料金体系はよく似ていますが、独自の割引プランなどもありますので、詳

細は地元の電力会社に問い合わせてください。現在、どのような契約になっているかは電力会社から渡される「電気ご使用量のお知らせ」に記入されています。一般家庭

の契約は「従量電灯B」となっており、リミッターのアンペア数が10~60Aの場合に適用されます。毎月の電気料金は次式で計算されます。電気料金=基本料金+電力量料金

ー口座振替割引 ①基本料金:リミッターのアンペア数で決まります、電気の使用量にかかわらず請求されます。②電力量料金:次式で計算され、使用量に比例して請求されま

す。電力量料金=(電気量料金単価)×(1ケ月の使用電力量)±(燃料費調整単価)×(1ケ月の使用電力量)電力量料金単価は段階的な料金設定がされており、電力量の

少ないほど割安な金額にまっています。③口座振替割引:電気料金を口座振替で支払う場合に適用されます。一般家庭の電気料金はこのようにして決定されますが、夜間時間

は割安となる料金メニューもあります。

基本料金を安くするには

shinyadenryoku.jpg
100Vの電気だけを使う家庭の契約種別は一般に「従量電灯B」で、電気料金のおもな要素は、契約アンペア数で決まる「基本料金」と、使用した電力量で決まる「電力量料

金」です。契約アンペア数は10A、15A、20A、30A、40A、50A、60Aの7つに区分され、アンペア数が大きいほど基本料金は高くなります。たとえば、10A場合は283円、60

Aでは1,701円で、その差は1,418円です。これが毎月発生するので、1年間では17,016円の差になります。したがって、まず現在の契約アンペア数を確認し、その値が適切であ

るかどうかをチェックしましょう。今までに電気の使用中にリミッターが切れて、契約アンペア数を増やしたような経緯があれば別ですが、一度もそのような経験がない場合は、余

裕のある契約になっている可能性があります。契約アンペア数に余裕もあることは、必要以上の基本料金を払っていることになります。また、同時に使用する電気器具をでき

るだけ減らすなどの工夫をして、契約電流を小さくすることを検討してください。電力量料金を節約するには、①消費電力の少ない省エネ型の電気器具を使用する。②不要な照

明を消したり、エアコンの設定温度を調節したりして節電を心がける。③電気料金の安い深夜電力を活用する。などの方策があります。


家電消費電力・電気料金
品名 消費電力 電気料金(1kwh25円で算出)
 エアコン(12畳用)冷房運転 700~1000W 8時間運転で、160円
 洗濯機・乾燥機(タテ型) 500~1200W  1時間使用で、25円 
 IHクッキングヒータ  1000~3000W  1時間使用で、75円  
 食器洗浄機(乾燥機付)  1100W   40分使用で、18円 
 冷蔵庫(420~450L)  平均電力45W  24時間運転で、27円
ブラウン管テレビ(32型) 210W  5時間使用で、25円 
 プラズマテレビ(32型) 240W  5時間使用で、30円 
液晶テレビ(32型)  150W  5時間使用で、19円 
オーブンレンジ  1300W  10分使用で、6円 
 IH炊飯ジャー(5号炊) 850W  1回使用で、11円 
 ヘヤードライヤー 1200W  5分使用で、3円 
 扇風機(30cm) 40W  8時間使用で、8円 
 掃除機 550W  30分使用で、7円 
照明器具(蛍光灯32W+30W) 62W 5時間使用で、8円
LED電球(480ルーメン) 6.5W 5時間使用で、1円
デスクトップパソコン 120W 3時間使用で、9円
ノートパソコン 50W 3時間使用で、4円
温水洗浄便座(瞬間式) 460W 標準家庭(4人)で、1日19円
空気清浄機(16畳用) 50W 24時間使用で、30円